さばの棒ずし

材料

すし飯 

  •  米        ・・・・・・・・・・ 1升
  •  酢        ・・・・・・・・・・ 180cc
  •  塩        ・・・・・・・・・・ 大さじ2
  •  砂糖       ・・・・・・・・・・ 300g

しめさば

  •  さば(生か甘塩) ・・・・・・・・・・ 6~8匹
  •  塩        ・・・・・・・・・・ 適量
  •  酢        ・・・・・・・・・・ 適量
  •  だし昆布

作り方

  1. さばは3枚におろし、塩をして30分から1時間おく。(甘塩の場合は3枚におろすだけ)
  2. 3枚おろしのさばはさっと水洗いして、たっぷりの酢に4~5時間つけて酢じめにし、(この時だし昆布を一緒につけておくとさばにうまみが出る。)
  3. ご飯は少しかたいめに炊く。(だし昆布20cm、酒少々を入れて炊くとおいしい。)
  4. すしおけでご飯とあわせ酢をあわせ、すし飯を作る。     
  5. さばを頭の方から皮をむき、小骨を残さぬように抜き取る。身の厚いところをそいで尾の方に使う。     
  6. すし飯を竹の皮の上で、さばの形に合わせて棒状に握り、(5)のさばを乗せて形を整えながら包む。
  7. 大きなすし箱にきっちり並べて、軽い重石をして落ち着かせる。

ひとこと

秋の稲の収穫を終えた後の秋祭りは村人の最大の楽しみである。
その祭りにはさば寿司がたくさん作られ、親戚に、また、祭りで里帰りしている娘のみやげにと配られた。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました