蓼(タデ)のぬた

材料

  • 蓼(タデ)
  • 枝豆(黒大豆)の実  ・・・・・・・・・・ 蓼と4:6の割合
  • 砂糖         ・・・・・・・・・・ 適宜
  • 塩          ・・・・・・・・・・ 適宜

作り方

  1. 蓼の実と葉を枝からとってゆでる。
  2. 枝豆は中の実だけにしたものを、塩をひとつまみ加えてゆでる。
  3. 蓼の実、葉を刻んでから豆と一緒にすり鉢ですりつぶす。砂糖と塩を加え、味をととのえる。

ひとこと

毎年行われる北沢田集落の貴重な無形文化財「鱧(はも)祭り」の祷の席の料理の一品でこのほかに小鰯の焼いたもの、黒大豆の枝豆、柿、栗等を主に使っての料理に、蓼は香辛料理として使われています。料理はすべて男衆(おとこしゅう)がします。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました